「あい川」周辺のハイキングコースを紹介します。

その1 「うぐいす峠」と[大下の滝」コース



@ 「あい川」(または上市場駅)発

 「あい川」の上流にかかる橋を山(左)の方へ渡る。
そして、ただ、まっすぐに進んでいくとすぐに人家が切れてしまいます。
あとは、コンクリーの打ってある山道をひたすら登っていくだけです。

 出発してすぐです。


登り始めた直後、上から振り向いて撮った写真
 
 
登り始めた直後、上の方を見て撮った写真
 
 
かなり、傾斜は厳しいがコンクリートで舗装されている。
 


 すぐに「うぐいす峠」に到着しました。
土地の人に尋ねたところ「30分」ぐらいと言っていましたが、もっと早く着いたような気がします。

うぐいす峠にあった標識

私たちは清流荘方面から上ってきました。
 こちらは、大下滝コースで道は荒れ放題で、ところどころ、山道が崩壊していたり、樹木が塞いでいたり
して、全く整備されていませんでした。(お勧めできません)

でも、私たちは、あえて、この危険なコースを選びました。
というのも、[大下滝」に行きたいと思ったからです。
 これは何か?
いわゆる、落とし穴である。えっ、ちょっと、あぶないな・・・。

  説明書きがありました。どうも、イノシシを捕獲するためのものらしい。


 こんな倒木はかなりありました。
山道の決壊もあり、かなり危険ですが、通れないことはありません。

頑張って歩いていくとこんなりっぱな道路に出会いました。 
大下滝をどうしても見学したい方は、ここから5〜10分ほど歩いたところにあります。


 どうも、私たちが必死に頑張って歩いてきた廃山道と並行して、
こんな立派な道路が走っておりました。
 立派な道路と出会ってすぐに大下滝に到着しました。



2mもある大蛇が水を飲みに来ていたという大下滝。
10mもある大蛇じゃないところがリアル感いっぱいですね


 
 道路から見た大下滝

 立派な手すりのついた階段がついていました
 清楚で、荘厳な滝です

 下まで降りてみました
やはりこのぐらいが一番よい感じがしました
 
大下滝を見学して、立派な道路を下っていくことにしました。
やはり少し歩くと「せせらぎ荘」が眼下に見え始めました。
 

まだ、11月の初めだったと思いましたが、紅葉が始まっていました。
 


「せせらぎ荘」に近づくと素敵なバンガローが見え始めました。


 
紅葉もとてもきれいです。

 
よく手入れされた「せせらぎ荘」もすぐ下に見えるようになりました。

 
せせらぎ荘のバンガローです
 


機会があれば宿泊利用したいなと思いながら…。

 
 せせらぎ荘から少し歩くと相川と飯田線に出会いました。
まことにのどかな里山の素敵な風景です
とても癒されます。

 
 こういう蔵に歴史を感じます


棕櫚の木がある玄関の家 
 立派なモミの木のあるお家


飯田線をこのように横切ります。

特急「伊那号」が通過しました 




出馬の駅です。駅舎もトイレも何もありません。

 
出馬駅から少し下ると、峠になっているようで、上市場方面が一望できる坂に出会いました。

 
 なんとなく素敵な坂です

最初渡ってきた、橋が見えます。
 
 特急待ちをしていた電車が通過していきました。

以上、こんなコースでした。

山道を通ったから半日ぐらい費やしましたが、
立派な道の方を通ると2時間ぐらいのハイキングコースかな・・・。

とにかく、何よりも、癒やされました。
車は通らない山の中の道路で、ゆっくりとのんびり歩くのには最適です。

そして、疲れたら「あい川」で、休憩していってください。


あい川オーナー